ゲームお楽しみ記録

USAGI.NETWORKのなかのひとのゲームをお楽しみする記録 PC, PS4, Switch and etc.

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~ "1周目"お楽しみおわり

"1周目"クリアーまで楽しませて頂きました。(スクリーンショットはエンディングの絵ですがネタバレはないです。)

f:id:USAGI-WRP:20210508044625j:plain

「良きアトリエ作品」でした。相対評価としてはやはりソフィー3部作(不思議シリーズ)に比べてしまうと物足りなさはありますが、十分に楽しめました。

良き:

  • 錬金術の組み立ての攻略が楽しい
  • 世界設定が魅力的で興味を惹かれる
  • "なんてことない"わりには魅力的なキャラクター
  • 謎解きシステムによりゲーム内で自然な形で世界設定の探求を楽しめる仕組み
  • 絵が綺麗
  • モンスターもかわいらしいディフォルメに落ち着いている
  • 音楽もよい(ループが短いけど)

不完全燃焼:

  • 錬金術のやり込みが過ぎるとHARD(1周目なのでこれが最高)でもアイテム1回であらゆる戦闘(ラスボスも)が終わってしまい、遺跡探索、大冒険の緊張感が実質的に無くなってしまう(難易度に応じてシステムで追加カテゴリ、特性、品質上限などEASYではない難易度が機能する程度の制限があると嬉しかったです)

良くない:

  • イベントシーンでの会話や流れに何度か大きな違和感を感じる事があった

「それはないでしょう」とか、「この状況でそれだけ?」とか。アトリエシリーズ、特にソフィー3部作あたりでは愉快なノリへのツッコミどころはあっても違和感まで感じる会話シーンの見せ方は記憶にありませんが、ライザシリーズでは前作1に続き今作2でもイベントシーンでの会話や流れでは喜劇的なノリツッコミではない本当の違和感を感じる事が何度かありました。魅力的な世界設定やプロットに対してイベントシーンでのスクリプトで損をしてしまっているように私は感じました。

(個人の感想です。議論する気はありません。)

Ryza3または続編や外伝などを楽しめる機会があればぜひ楽しみたいと思います。その前に:

f:id:USAGI-WRP:20210508044638j:plain

と、いうわけでまだもう少し、あるいは"不完全燃焼"が解消されるようなら"2周目"を遊んでみようと思います。アチーブもまだそれなりに残っているしね。

f:id:USAGI-WRP:20210508044852p:plain

  • 秘密の妖精 ← ほかすべてで自動的に解除
  • 小物コレクター ← 店とか開け忘れ宝箱とか探す
  • 羅針盤に導かれて ← 5つの遺跡はすべて100%でCOMPLETEしたはず、と思っていたけど何か残っていたらしい
  • すべてを解明する者 ← 羅針盤と一緒にどうにかなりそう
  • 熟練の錬金術師 ← 99ぴったりにするためには最後に微調整が必要、リビルドですぐできるはず
  • フェイタルラッシュ! ← あらゆる戦闘がアイテム1回で終わったのでフェイタルドライブの存在をそもそも忘れてた、ラムロースト3号で全員分見る
  • 新たな必殺技 ← アイテムが強すぎてライザで4極すら覚えたての頃しか発動させられなかったので他のコアドライブの存在をそもそも忘れてた、ラムロースト3号で全部見る
  • 最後の砦 ← エンディング後の案内の「また、どこかに潜んでいる、さらなる強敵に挑むことができます。」とアチーブの名前的にそれがこれっぽい

まだまだ楽しめるようです。