ゲームお楽しみ記録

USAGI.NETWORKのなかのひとのゲームをお楽しみする記録 PC, PS4, Switch and etc.

NVIDIA GeForce RTX3080 発売直前の情報整理のメモ

note: 著者は RTX3080 には興味ありません。 RTX3070 や RTX3060Ti にも興味はないです。 RTX3090 しか見えてないマンです👽

発売直前のFE版レビューたち

↑以上はどこも視点に独自性もあり、 RTX3080 発売直前情報として興味があればすべて眼を通すのが良いかもしれません。

ほか、 RTX3000 世代の"なかみ"について詳しく知りたい場合には:

相変わらず 4Gamer の西川さんのハードウェア記事は知りたい事がたくさん書いてあって嬉しいです。

日本での発売日と販売情報

  • NVIDIA 公式発表済み
    • RTX3090 -> 2020-09-24
    • RTX3080 -> 2020-09-17 (執筆時点ほんじつ)
    • RTX3070 -> 2020-10-15
  • うわさ/りーく

    • RTX3060Ti -> 2020-10-?? (後半)
  • 札幌での販売情報

ちょっと、めんどくさいですね😅

TOKYOではお店に行けばふつーに買えるところもあるのかな、どこもこんな感じじゃろうか。

お急ぎでなければ発売日の入手にはこだわらない方が良さそうですね。

おまけ: RTX30xx が活きそうなPCゲームたち

発売済み

  • Horizon Zero Dawn を"高"画質-4K-60FPSで遊びべるはず (DLSSに対応してくれたら最高画質でも余裕そうですが…異方性フィルタリングや影計算が妙に重い不具合も治れば…)
  • Death Stranding 安心して最高画質-4K-60FPS で遊べるはず💪 (コジプロの有効な技術力はけっこーすごそうなのでRTX30系にあわせた最適化パッチも出たりするかもしれませんね)
  • Monster Hunter World マルチへ行く時も最高画質設定のままでも安心感が高まりそう💪 (RTX2080Tiだとちょっとだけですが処理落ち気になっちゃうので)

未リリース

発売予定日順:

著者はCyberPunk2077推しで楽しみにしています。RTX3090を挿してリリースを迎えたいお気持ちでいます。それと、これまでアサクリのシリーズにはあまり興味を盛っていませんでしたが VALHALLA はわりと遊んでみたいお気持ちが強まっています。ファンタジー北欧Medieval/神話風の作品、好きなので。

(予想) RTX2080Ti, RTX2080 から RTX3080, RTX3090 へ変える意味はあんまりない予感のするゲームたち

  • ライザのアトリエ2, テイルズオブアライズ など日本産のよくある Switch/PS4/XBox を基準に作られて PC 版を出すにしてもハイエンドGPUにフォーカスした設定追加や最適化はしなさそうなタイトルたち🥺
  • Microsoft Flight Simulator のように高画質4K設定でも現行ハイエンドGPUで十分程度には60FPSのユーザー体験が得られるタイトルたち
  • FF14, PSO2 などの現行作品でそこそこGPU負荷はある MMO/MO-RPG だけど現行ハイエンドGPUでも十分にユーザー体験の頭打ちが視えるタイトルたち
  • Lost Ark (2020-09-23予定), 原神 (2020-09-28予定) などの新作だけど MMO/MO-RPG でそれほど高性能GPUによるユーザー体験のフレーバーが高く無さそうなタイトルたち

もちろん、RTX3090 に変えるならさすがに圧倒的なぱわーの差でユーザー体験レベルで変わるでしょうし、元が GTX 世代や RADEON (十把一絡げでもうしわけないけど) ならびっくりするほどユーザー体験向上⏫するはずです👍

おまけ: 非ゲーマー向けだと

機械学習向けは

とか出ています。

Quadro 系は

Quadro RTX 8100 (仮) が GA102 コア版ででるっぽい事になっているようです。

比較表

RTX 性能比較表

NVIDIA公式を中心に著者が自分用メモとして作った表です:

f:id:USAGI-WRP:20200917073056p:plain

色分けは「いい感じ」ぽいほど緑色、「しょんぼり」ぽいほど赤色です。こうして見て読める事には:

  • PCIe に1台だけ挿して…
    • とにかく単体での処理性能がさいきょーな "Graphics Processing Unit" は RTX3090、"General-purpose Processing Unit" だと A100
    • 計算能力あたりの費用対効果が高いのは RTX3080 でこれを 100%とすると、次いで RTX3070 が -5%、 次いで RTX3090 が -45%
  • PCIe に NVLink で 2-way 挿しして…
    • RTX3090 の1択
      • もし完動品の RTX2080Ti か RTX2080Super が型落ちで安価に調達できるようになれば「TDP」と「装着の窮屈さ」を 犠牲RTX30"75"くらいの理論性能 は出せるけど…性能目的でやる理由はほぼ無いはずです
  • ぷちHPC:
    • 目標計算能力が決まっていて、NVSwitchやNVLink/4-way以上をしないふつーっぽいPCでお手製計算 cluster とか組んで費用対効果を最大化できるのは RTX3080 × N (PCs) cluster 構成かも、ついで小規模だけど1台(計算ノード)あたりの計算能力もだいじなら RTX3090 × NVLink/2-way × N (PCs) cluster 構成かな…
    • "圧倒的に潤沢な予算" を使える場合のみ A100 で NVSwitch (16-way以上) なり NVLink/12-way とか本当にごつい "HPC" を作れるのかもしれません

などがあります。

note: A100, V100S は PCIe 版の高性能タイプからFP32やメモリー性能を拾っています。同コアでのバリエーションや NVSwitch については詳しくは触れません。著者もその手の情報には触れなくなって久しく、詳しくはないので😅 興味があれば 👉 https://www.nvidia.com/en-us/data-center/nvlink/ あたりから確認しはじめるとよいと思います。

おまけ2: GDDR6, GDDR6X, HBM2

参考