ゲームお楽しみ記録

USAGI.NETWORKのなかのひとのゲームをお楽しみする記録 PC, PS4, Switch and etc.

ファイアーエムブレム風花雪月の感想文を書こうと思ったけれど

あつまれどうぶつの森をチケットで購入したついでに買い、無情報でプレイ、赤→教団で1回クリアーしました。

分岐や取り逃し、他のプレイヤーの感想文はどうなってるのかなと思い軽くぐぐったところ、ほぼ同様の感想のFE古参っぽい人の記事がありました:

ふぁみこん時代のFEを愛し、「わたしの好きだったFEは聖戦の系譜でおわったのです」がもうずいぶんと長く持論になっていた私も↑の感想と似たような具合です。わたしが他に思った点は:

  • 覚醒で呆れた"馬鹿っぽすぎる恋愛ゲーム"はだいぶマシなやり取りと表現に落ち着いた気がしました。聖戦(表現できるシーンが少ない&支援上げの方法が奥ゆかしい)と覚醒(恋愛ゲーム要素部分がばかっぽすぎてしらけてしまいました)の中間くらいの印象でした。
  • 全体的にスマートフォン向けのゲーム開発してる人が作ってそうな、あちこち行動に"制限"を受けてストレスのたまるシステムでした。行動ポイント、回数制限的な要素でプレイヤーのゲームプレイを縛ってくるスタイル。古参FEプレイヤー層はやり込み型のゲーマーも少なくないと思っているので、そういうタイプの人はいらついちゃうかも。
    • 周回要素までポイント性で実質的にほぼやり直しに等しいのでやり込み周回は投げようかと思いました。
      • お金、アイテム、ユニットの成長などなど「つよくてニューゲーム」にありがちな引き継ぎは無く、
      • 支援レベルの再開放も周回特典だけで全開放しようとすると多くのポイントを要求されるので結局ふつーにプレイしつつ間に合わないところだけ補填するユースケース想定っぽく、
      • ストーリーもほぼ同じでスキップして進めるのも効率がよくなさそうな作りなので…ちょっとつらいかな…
  • 赤でプレイして分岐が複数要素あった気がしていましたが、分岐は赤ルートで2択しかないらしく、「お値段2倍でももっと作り込んでほしかった」と感じました。
  • 古参FEプレイヤーがFEに求めがちなあつすぎて悲しすぎるドラマな展開と常に"後がない"状態で世界を救いに行く英雄譚…にはなっていない(やっぱり私のFEはry)
    • プロットの時点ではそうなっても良さそうな具合にできていそうですが…作品としての表現や見せ方でしょうか…

大雑把な概観としては、

  • 聖戦の系譜にリスペクトしようと思いつつ(できているかはさておき)、センノキセキやLost Technologyなどあちらこちらからの影響を新作のFEとしてまとめ、あるいは"ファイアーエムブレム"の再定義をしようと試みた意欲作(だったプロジェクトっぽいかな)

と感じました。

ちなみに: "ファイアーエムブレム"と"神祖"

ファイアーエムブレム」は人の創造性、特に物語について知財と会社と執筆者に絡んだ衝撃的な現実世界の事件が起きてしまった作品でもあります。青色LEDのような事がゲームの知財で起きたような具合です。聖戦の系譜まで、あるいはティアリングサーガなどを知らない世代とは同じ「ファイアーエムブレム」という言葉でも印象がわりと異なる要因かもしれません。

おおむかし、"ファイアーエムブレム"の"真祖"が"ファイアーエムブレム"を作りました。しかし、後に知財と会社と創作物の著作権などから真祖は"ファイアーエムブレム"を事実上作れなくなってしまいました。(たぶん;わたしはただのプレイヤー、真祖の世界のファンなのでWikipediaに書いてあるような事以上の詳細は知りません) この事情から真祖の脳内から創生され発展したファイアーエムブレム聖戦の系譜でいったん終わります。ちなみに真祖が雑誌のインタビューに答えた記録によると聖戦の系譜暗黒竜と光の剣も同じ世界感で結合できる作品だったようです。Ysのように近年の続編継続へ向けて世界の再構成のある真祖がファイアーエムブレムを作り続けられた世界線も…(Ysも真祖はいろいろあったようですが…)…

閑話休題、"ファイアーエムブレム"の"真祖"はティアリングサーガ関連でつらそうな事になってからしばらく後、2016年に「ヴェスタリアサーガ」を世に出してくれています:

わたしと似たようなタイプのFE古参世界を愛するプレイヤーさんはヴェスタリアサーガをプレイすると「そうそう、これが******(この文脈を我々のこの世界線で言う事はできなくなった™…)だよ!(感涙)」となります。たぶん。私は以前遊んだ際にはそのような具合で感涙でした。ヴェスタリアサーガはIとナンバリングされて出ましたがIIはでません的な雰囲気が公式から醸し出されてはいました。ところが久しぶりにヴェスタリアサーガの情報を確認してみると、2019に情報が更新されていて:

  • Vestaria Saga Ⅰ ver.1.05  2016.12.12.最終更新
  • Vestaria Saga 外伝-シルヴァビルヒの聖なる剣 ver.1.01  2019.03.27.最終更新
  • Vestaria Saga 外伝-ルッカの英雄 ver.1.01  2019.03.27.最終更新

外伝が追加されているし、どうもIIが出るような出ないような、少なくとも2016年に力尽きたようにも表現されていた具合からはファンとしては嬉しい状況も見え隠れしそうな情報も見えました。神祖がファイアーエムブレム™へ復帰される事は無さそうな世界をわれわれは生きなければなりませんが、リスペクトフルな作品を楽しめるのは嬉しいです。

あくまでも、この「ちなみに」の節は今回のメモの余談ですが…なんだかこちらの方がメモを残しておきたい度は正直に言って高いです🤣

同日追記: 「煤闇の章」

はなしや世界の全容は気になるのでDLCも購入してみました。

  • 突然LV20で天帝の剣も所持している学生時代中盤から後半から開始
  • "おはなしを楽しむのが好き"なタイプのゲーマーさんは本編より楽しめそうです
  • 都市の人とお話をして→バトル→次章へ進む、本編と違いメインのおはなしをスムーズに寄り道要素なく楽しみやすいです
  • バトルの難易度は「あ、これはFEの難易度ね」と思える程度でした(本編に比べるともユニットの動かし方に気を使う必要や敵の増援へうまく対処する楽しさがありました)

このDLC部分は先に本編を赤の教団ルートでクリアーした前提知識が必要そうではありますが、その上での事にはなりますが、このDLC部分はおはなし&バトルをさくさくふつーに楽しめそうです。煤闇の章については私もおおむねGOODと感じました👍