ゲームお楽しみ記録

USAGI.NETWORKのなかのひとのゲームをお楽しみする記録 PC, PS4, Switch and etc.

Switch: Revenge of Justice 1周目をEP-Dでお楽しみ

しばらく Switch で Revenge of Justice (リベンジ・オブ・ジャスティス) を楽しんでいました。

感想

  • わりとシンプルな日本型西洋風中世ファンタジーシ戦略ミュレーション英雄ロールプレイングゲームの作り(作りは昔のファイアーエムブレムみたいなストーリーパートを挟んだ飛ばし方だけどプレイアブルマップはかなり狭いです)
  • ゲームシステムは現代のこのジャンルのゲームとしてはシンプル
  • 選択肢分岐型のマルチエンディング
  • 演出とボリューム不足がとても残念ですが、ストーリーや登場人物たちの多くは好きです。
  • お話の内容は表現こそ小学生向けでも大丈夫にとどまっていますがストーリーの本筋はけっこうハードです(私は好きですよ✨)
  • 主人公はパッケージイラストの女性騎士のお姉さんの方です(これは感想であり筆者の主観による評価です🤣)

ゲームシステムやグラフィックスは少し前の時代のスマフォをターゲットに作ったのかな、と思う程度の控えめなのでビジュアルやシミュレーションの深さそこそこでストーリーを楽しむゲームと感じました。キャラクターや演出の作り込みは完成した洗練された感動を与えるゲーム作品というには及びませんが、プロットやプロトタイプをお手頃価格で楽しめるようにまとめたもの価格から割り切ってプレイすればそこそこ楽しめると思います。

以下、1周目クリアーしたのでその話。ネタバレしているのでご注意下さい。

1周目: EP-D

1周目は EP-D エンディングを迎えました。他のエンディングのルートはまだ遊んでいませんが、もしかしたらこれは最初に辿るには高難易度なルートだったのかもしれません。

f:id:USAGI-WRP:20200504044634j:plain

このルートのお話はわたしの好物でした👍 話の流れとしてもしっくり来るし、感動も大きいし。ついで、うざったいなーこの少年と思っていたヴィクターくんの面倒も見る必要無くなってすっきりラストを迎えられて清々しいエンディングでした。(個人の感想です🤣)

10章おわりの時点での選択肢の時点で物語の主観者のわたしはヴィクターくんうざいのでもう彼が悪になりそうな選択肢にして悪の道でもなんでもすっきりしっくり堕ちて頂いて私の心は清々しましょう、とメタ的にアメリアさんのような心理から選択肢を選んでいたように思います。それまでは主人公として、操作対象としてヴィクターを見ていたので、外道のおばか覇王を操作する事になっても、まあ仕方ないか…と思っていましたが、プレイヤーの視点はアメリア側を追う事になり嬉しい結果になりました😅 世界も平和になったしね。

f:id:USAGI-WRP:20200504051938j:plain

クリアー直前のセーブデータは↓

f:id:USAGI-WRP:20200504042252j:plain

↑こんな具合でした。この14章のデータのユニットは↓

f:id:USAGI-WRP:20200504044006j:plain

レベル上げすぎに見えるかもしれませんが、少なくとも EP-D は全員レベル50くらいは達成しておかないとラストバトルがお話になりませんでした😅 このルートのラストバトルでは最終決戦時の戦力としての安定性がLV52とかLV54まで上げてもなおやや心もとない魔女2名あたりで援軍をうまく呼べばマップ推奨レベルのLV40くらいでもどうにかなるのかもしれませんが、おそらく安定させるのは高難易度の作業と繰り返しが必要そうでした。今回はレベリング作業して安定攻略する方針を採用。

f:id:USAGI-WRP:20200504044646j:plain

↑今回のラストアタックが偶然回ってきたのはナオミさんでした。スキル"一意専心"で安定した強さを発揮し(かわりにMOV=1になっていますが…)、ラスボスさんの攻撃もほぼ躱してくれ、そのカウンターも射程距離4でしっかり入るので事実上長期戦ではとても重宝するユニットのひとりに育っていました。

レベリングは、

  • LV40 まではフリーバトルの最高難易度でぼちぼちふつー敵さんを倒す
  • LV40 以降はフリーバトル支援魔法、回復魔法を乱用して1回あたり12とか16とかの経験値を回して回して回す
    • ブランドンさんだけは始終フリーバトルの最低難易度を繰り返す作業を回す

↑で行いました。乱用部分の具体的な選択肢は↓

  • アメリア(王): 回復魔法を乱用
  • フィリッポ(盾騎士): 回復魔法を乱用
  • ジュヌヴィエーヴ(僧): 回復魔法、支援魔法を乱用
  • サラ(白魔女): 支援魔法を乱用(ブラッディダガー=ヴァリアント)
  • マーガレット(黒魔女): 回復魔法、支援魔法を乱用
  • ジェラール(峰騎士): 支援魔法を乱用(ブラッディダガー=ヴァリアント) → 回復魔法を覚えたら回復魔法を乱用
  • ナオミ(峰射手): 支援魔法を乱用(ブラッディダガー=ヴァリアント)

ブランドンだけは乱用する何かが無かったのでフリーバトル"西武新軍団合同訓練"のLv.5を通常攻略で繰り返しました。フリーバトルではどの敵もレベル上げ終盤では経験値がほぼ微量に落ちてしまうので、倒しやすく周回しやすいLv.5が最もストレス低く作業できます。Lv.5以外で敵を増やしても全方位2セルの遠距離攻撃が増えるし、他のマップではより長射程の敵やヒーラーなど増えるの効率低くストレスも高くなります。

f:id:USAGI-WRP:20200504052023j:plain

↑との事ですし、マルチエンディングのルート分岐もおもいのほかたくさんあるようですし、2周目も楽しみたいと思います💪

(おまけ追記)

ふだんはジョイコンを本体から外したそのままの状態で左右の手に持ってSwitchを遊んでいます。このゲームのプレイでは先日実装されたSwitchの割り当て変更機能で左右のスティックを互いに反対のスティックの動作へ切り替えてプレイしています。こうすると、片手でプレイしやすいのでとても楽です。特にレベル上げ作業中はながら作業もしやすいので重宝します。