ゲームお楽しみ記録

USAGI.NETWORKのなかのひとのゲームをお楽しみする記録 PC, PS4, Switch and etc.

Witcher 3: Wild Hunt はじまる

f:id:USAGI-WRP:20191030150500p:plain

2を楽しみながらも感じた各種の不満が3では改良されていて、より The Witcher の世界を自然に楽しみやすくなっていてプレイ開始からさっそく嬉しい気持ちになりました。

2 から 3 へ、で気づいたシステム的な向上・変化

  • 起動・終了が快速(2は起動に時間がかかったし、終了処理も怪しげな挙動がしばしば起きた)
  • 日本語のフォントが読みやすくなった
  • 日本語ボイスもついた(Englishボイス+日本語字幕で遊ぶ事にしたけれど)
  • グラフィックスが向上
  • 地形の見た目に対して自然なキャラクターの操作が可能になった
    • 見た感じ自然に超えられそうな柵も自然に超えられる
  • ゲームパッドでの操作性が改良され、操作ミスし難く、操作し易く、よりアクションを楽しみやすくなった
  • QTE が無くなって安心してイベントを楽しみやすくなった(と思う。まだ出くわして無いだけかもしれないけれど)
  • ユーザーインターフェースが洗練され情報を認識しやすく操作しやすく操作ミスも起こり難くなった
    • インベントリー、マップ、ジャーナルなどがタブ的に整理され画面遷移しやすくなった
    • アイコンもより一目でどんなものか想像しやすい絵になった
  • 疑似フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)対応・デフォルト化、マルチディスプレイ対応
  • ポーズ(ポーズメニュー)機能が復活
  • 過去作のプレイ履歴の反映方法がセーブデータのインポートに加えてシミュレーションできるようになっていて分岐を楽しみたいプレイヤーにも便利っぽい
  • 伝統的で野蛮なおっさんの殴り合いミニゲームが自然な殴り合いに
    • 1,2ではタイミングボタン押し、QTE応用のミニゲームであまり面白さはなく内容もただの野蛮な殴り合い(The Witcherの世界観のフレーバーとしてはよかった)でしたが、3では通常のバトルシステムと融合した自然な感じの'喧嘩"っぽいミニゲームになったようです
  • ほかいろいろ便利に
    • 扉は近づけば自動的に開く
    • 本は取得したらボタン1つですぐに読める

↓プレイ履歴のシミュレーション機能が発動したところ

f:id:USAGI-WRP:20191031015242p:plain

不便な部分

  • キャラクターの旋回動作とカメラの追従の仕組み、肩越しカメラなどの複合的な要因により、プレイヤーの脳が3D酔いしやすい
    • カメラを引いてプレイできる(1みたいに) or キャラクターの旋回にカメラを追従しない(自分でカメラを回す場合は速度によらず酔いにくい)などの対応を MODs なしで単純に設定だけでできると嬉しかった
    • ↑オプション→ゲームプレイ→カメラ自動センタリングを off でキャラクターの旋回にカメラが追従しなくなる。酔いが大幅に起こり難くなって嬉しいです(2019-10-31追記)
  • アイテムの売買の数量の増減が不便になった
    • 2 では L/R で増減の単位量を変えられたけれど 3 では 1 ずつしか調整できないっぽい
  • ウィンドウが非アクティブだとBGM停止、ゲームパッド無反応になってしまう
  • 単位系がヤードポンド法
    • 2 ではメートルで表現されていたし、世界観などの都合でヤードに変更するにしても切り替え機能は欲しかった
    • 「アードの効果が1ヤード伸びる。」=「アードの効果が0.9144メートル伸びる。」(数値が切り良くないとかよりも基本的な単位は感覚的にわかりやすい単位系で読めると嬉しかった)
  • リアルタイム時限式選択肢だるい(2から導入されているけれど無駄に疲れるだけで面白くありません)

f:id:USAGI-WRP:20191031012735p:plain

3 で変更した設定

  • グラフィックスを最高設定
    • note: (FHD画面で遊ぶ場合もテクスチャーの4k化MODは十分に意味がありそうなので入れようとダウンロード中)
  • 「カメラX/Y軸反転(マウス/コントローラー)」を off -> on
  • 「右スティックの感度 - カメラ」を 1.00 -> 1.50
  • 「ウィッチャーの感覚の魚眼レンズ効果無効」を off -> on

MODs

その他

  • "Wild Hunt" の訳語が「ワイルドハント」に変更されていた(1有志日本語テキスト、2公式日本語テキストではいずれも「魔軍」または「魔軍の騎行」でした)
    • "Fool's paseley"が「フールズパセリ」(2)→「愚者のパセリの葉」(3)とか繊細な"分かりやす化"にも気づいた。毒人参より雰囲気訳としてはいいのかな
    • "Noonwraith"が「真昼の幽鬼」(1)⇒「ヌーンレイス」(3)はワイルドハントに近いポリシー変更を感じます
  • (インゲームで遊ぶ分には)Gwentも楽しそう

f:id:USAGI-WRP:20191030161754p:plain