ゲームお楽しみ記録

USAGI.NETWORKのなかのひとのゲームをお楽しみする記録 PC, PS4, Switch and etc.

JWE: 本質をいかに隠して楽しませるか

ジュラシックシリーズの映画の舞台になっている、という設定の島へ移動しました。資金無制限。エンドコンテントとしていろいろ開放した後に遊びに来てね、もしくは実験場にどうぞ、という島のようです。

なるほどー、と思い、島を2つどうにかしてきた私が合理的で効率の良いジュラシック・テーマパークにしたければこうかな?とこのマップを完全に造成した直後に考えた構造を試作してみました。

f:id:USAGI-WRP:20191202072430p:plain

まるで刑務所、強制収容所、構造は綺麗なのに心象がひどく汚い…。試作してみて気づきました。現実世界の動物園も入り組んだくねくね曲がった道と高低差をもった"非合理的"な構造をしている 事を思い出しました。対象をいかに観察しやすい構造にするか、それだけを考えて作る動物園はその施設が何であるかについての本質がゲストに見え過ぎて、きっと娯楽としてはつらい施設になってしまうのだろうと思います。現代の動物園の多くは科学的な観察を楽しむ場である以上に多大なコストを払い、動物園の本質の一部分は巧く隠しつつ、楽しく、観察できるよう工夫されているのですね…。きっと。

ゲーム内の数値を上げるだけならこうした合理的なプレイでもよいのでしょうが、いまひとつ、というよりこれでは圧倒的に結果を見ての楽しさが勿体ない気がします。もっと一見カオスだけど、しっかり売り上げも高く不便も少なく安全な…。エンドゲーム的には、なかなか手ごわい課題のようです。

JWE: 囲う対称を逆転してみました

f:id:USAGI-WRP:20191201144805p:plain

モノレールを使えるようになり、どう使おうか考えた結果こうなりました。島全体に恐竜を放し飼いにして、人間の方を柵で囲います。こうすると餌と水があればわざわざ囲いを壊して中へ入ろうとはしないだろう…

f:id:USAGI-WRP:20191201160228p:plain

…と思いましたが甘かったようです。アンキロサウスルを出しても大丈夫だったので油断していました。トリケラトプスか嵐きっかけで全部フェンスの中へなだれ込んできました…。つらい。

追記: その後、恐竜ごとに適した環境を用意してあげないとフェンスを壊してにんげんを襲うっぽい事にようやく気づきました。

JWE: 造成、すべてを平らに

JURASSIC WORLD EVOLUTION 楽しんでいます。追加の島も開放されたものの、1つ1つパーフェクトにして進めたい性格から、まだ最初の島に閉じこもったまま遊んでいます。

3か所の折で囲まれた恐竜のエリアを作り、ファストフードやブティック、ホテル、それからシェルターや防災用の建物もほぼ全域をカバーするように建て、運営的にはよい軌道に乗った状態にしました…が…

f:id:USAGI-WRP:20191130214201p:plain

いったん閉園して、入り口を除くすべての資産を除去し、土地を可能な限り平らに造成してみました。一般的な住宅地や商業地ではこのようなとんでもない理想的な土地の造成はいくらお金があってもそうそう上手くいきませんが、JWEの設定上&プレイヤーが少し頑張って序盤の状態を改良したテーマパークを運営してお金を十分に貯めればわりと難しくなくできました。

もちろん、こういう事は、たいていのゲームではキャンペーンモードを一度てきとーに楽しんでクリアーしてからにするのですが、JWEで最初の島からパーフェクトにクエストをこなして☆☆☆☆☆の島を安定運用できる状態にしたいと思うと、どうしても土地の狭さと起伏と既存の構造の調整の難しさからなかなか上手い具合に微調整では到達できません。

と、いうわけでお金を十分に儲けてから、いったん閉園して、それからパーフェクトに造成するところからテーマパークを作り直す大事業(最初の小さな島で、だけど)になりました。

↓造成後は開園前に電力インフラを真っ先に整備し…

f:id:USAGI-WRP:20191130234748p:plain

↓いい感じに小規模な小型草食用の囲いとゲストの満足度を上げるための各種ショップを作り…

f:id:USAGI-WRP:20191130234725p:plain

↓災害対策もし…(次のマップへ進んでから、このマップでは要らなかったのでは…と思いましたが…)

f:id:USAGI-WRP:20191130235459p:plain

↓もう1つ肉食用の囲いを作り…

f:id:USAGI-WRP:20191201011619p:plain

その後、肉食用の囲いの周りにもゲスト用のお店を用意したところで、このマップでできる事はすべて終わった的なメッセージが流れました。

↓その時の島全体の様子です。

f:id:USAGI-WRP:20191201023024p:plain

↓柵は二重に冗長化しました。

f:id:USAGI-WRP:20191201023224p:plain

二重化の方法は1周目の囲いにほぼぴったりくっつくように2周目を作る方法も試しましたが、そうすると恐竜からの攻撃判定が一度に両方へ、特に減衰することもなく与えられて同時に壊れてしまうようでした。そこで、少し距離を話して二重に囲う事にしました。

それでも脱走されてしまう事があったので、次のマップからは5重くらいにしてみようと思いました。3重以上にすると中間の修理をするためにレンジャーの車両が通れるだけの隙間とゲートが必要になりますが、脱走されると面倒(状況的にも、プレイヤーの操作の手間的にも)なので、5重化しちゃったほうが楽しく遊びやすいかな…と。

↓そうして満足したので次マップへ進んでみたのですが…

f:id:USAGI-WRP:20191201025108p:plain

島を移動したら資金がなぜか没収されました…。ひどいです。そういうことなら先に島ごとにプレイ状態は持ち越せないと教えておいて欲しかった…。悲しい。また稼いでまっさらにして造成しなくては…。

JURASSIC WORLD EVOLUTION はじめる

映画のジュラシックワールドの世界そのものを恐竜テーマパーク運営ゲームとして楽しめる JURASSIC WORLD EVOLUTION が STEAM で 80%ディスカウントになっている機会に購入してみました。以前に見かけた際には、フルプライスでそれなりの価格だったこと、映画の設定ありきでゲームとしてきちんと作りこめているのか不安もあった事でウィッシュリストへ入れたまま忘れていました。

遊んでみると、なかなかしっかり作られていて、ジュラシックワールドのゲームとしても、テーマパーク運営ゲームとしても楽しいです。以下序盤のスクリーンショットを適当に。

f:id:USAGI-WRP:20191130020513p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130021324p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130022133p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130022716p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130024409p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130025000p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130025642p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130025708p:plain

序盤を少し遊んでみた感じでは、良くも悪くもシムシティーで市長!市長!!って呼ばれまくるあの忙しさに近い忙しく落ち着きにくいプレイ感があります。恐竜のお世話、研究、パークの運営強化、インフラ整備、それらを序盤は少ないレンジャーなどをほぼ手動で指揮して忙しく運営する必要があります。

カメラをもっと引けるようにしたり、せめてフィーダー(餌やり装置)への補充を空いているレンジャーへ自動的に指示できるようにするMODがあるとプレイヤーはのんびり快適に楽しめそうですが、残念ながらNEXUSMODにはテクスチャーMODのようなものしか見当たらず、楽しくも、少々頑張って忙しく遊んでいます。

ボーダーレスウィンドウモードで遊べて、フォーカスをロストしてもBGMどころかゲーム進行もきっちり進む作りも、私には嬉しいポイントです。これからしばらくの作業BGMはジュラシックワールドの環境サウンドになりそうです。

少なくとも80%ディスカウントなら、シム系、動物を眺めるのが好き、ジュラシックワールドが好き、そういった人へは確実におすすめしたい良作と思います。

Ghost of a Tale

かわいげなネズミのキャラクターを操作する3D探索ゲーム "Ghost of a Tale" が積みっぱなしになっていた事に気づき、開始してみました。

f:id:USAGI-WRP:20191130010125p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191129230835p:plain

↓コンフィグレーションの3Dゲームに必要そうな項目もきちんとあり、UIの作り、操作感も安心感してプレイに集中しやすい良い作りです。

f:id:USAGI-WRP:20191130010237p:plain f:id:USAGI-WRP:20191129231043p:plain

↓日本語の対応は無い&ゲーム内の文書のフォントが慣れていないと読みにくい書体なので、この点は少し日本人にはつらいかも。文書の内容や物語に使われる語はわりと平易なので、読もうと思えば大丈夫…と思います。

f:id:USAGI-WRP:20191129231153p:plain

チュートリアルな感じの始まり方も丁寧です。

f:id:USAGI-WRP:20191130010427p:plain

↓装備を整えてアイテムを整えて探索に挑む系です。

f:id:USAGI-WRP:20191130011158p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191130011336p:plain

キャラクターがかわいらしく、3DCG的な表現技術も安定感のある綺麗なつくりで楽しめそうです☺

…追記…

入り組んだ空間の狭い3Dダンジョンをぐいぐい探索するアクション性もあるゲームなので…30分もたずに酔いました…頭痛ずーんずーん…続けられるかちょっと怪しいかも…。MHWとかACECOMBATは大丈夫なんだけどなー…。

FARMER'S DYNASTY

f:id:USAGI-WRP:20191128155254p:plain

タイトルメニュー、すでになにかがおかしいです…。コンシューマー向けにも展開する様子でしたし、日本語対応の表示もSTEAMにありましたが、ダメですね…。

画面下の Japanese をクリックすると言語が次へ次へと準備切り替わります。とりあえず、Englishにしました。メニューを操作可能な表示にしないと何もできないので…。

f:id:USAGI-WRP:20191128160013p:plain

この日本語実質未対応&言語設定のぽちぽち切り替えインターフェース、それからカーソルがもっさり気味、BGMのサンプリングレートが耳障りなほど低い…とがっかり感がどんどん増えて少し察し始めたのですが…

f:id:USAGI-WRP:20191128160337p:plain

ゲームを楽しむ以前に設定を確認して払い戻しかな…って思いました。

  • Resolution が初期状態で設定上はなぜか 3840 x 2160 になっていました…ぽちぽちクリックするたびに設定値が切り替わります…ぽちぽち…
  • Windowed は Off/On しか設定できません。疑似フルスクリーン(ボーダーレスウィンドウ)的な設定はなく、加えてウィンドウがフォーカスをロストすると画面がどこかへいってゲームが止まります
  • ガンマ値、FOV… 数値が…わかりません…
  • Video 設定… Best Quality とか Balannced Performace / Quality とか選べますが、なぜここでFOV設定と同じスライダーインプット方式…
  • Invert Y axis 私には致命的に遊ばないではなく遊べない理由が…

たまに遭遇してしまいますが、なぜY軸だけ反転設定があるのか謎に思っています。私は垂直/水平の両方をレバー操作方向にオービタルなカメラ位置移動するタイプにできないと操作できません。残念ですが、どうもこの時点で漂う10年か20年以上昔の時代のあちこち完成度の低いゲームの予感しかしません。そもそもカメラの操作設定の都合、私には自然に操作できないのでまともに遊べなさそうですが…。

DELIVER US THE MOON

f:id:USAGI-WRP:20191128143417p:plain

ローカライズの対応の仕方がよく考えられているみたいで、"日本語"に設定するとゲーム内の部屋に置いてある文書の一部、雰囲気よりも意味が通じる事が大事そうな部分は日本語に置き換えてくれました。

f:id:USAGI-WRP:20191128143902p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191128144732p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191128145020p:plain

CG表現も綺麗めで雰囲気も出ているので楽しみたい…と部屋の中をうろうろしてみたのですが、FPS状態、TPS状態いずれも、カメラの回転設定にはY軸反転しかなく、残念ながら何れに設定しても自然に操作できず…。

カメラ操作を自然にゲームパッドでできないと3Dゲームは(文字通りの)頭痛のたねになってしまいつらいので、続けてみたいのだけど、どこまで続けられるか心配です…。たまーに遭遇する事のある3DゲームのY軸反転しか設定がない状況…どういう想定なんだろう…。

LOST EMBER (ろすと・えんばー)

f:id:USAGI-WRP:20191128133345p:plain

スクリーンショットからこの開始画面のうつくしーアニメーションと雰囲気、そして素敵な音楽について書き表せない事が悔やまれます。この画面の時点でわたしの心はいい感じに想像の旅を始めました。開発初期に出資して心待ちにしていた事もその理由には少し影響しているかもしれません。しかし、 LOST EMBER はそうでなくとも、きっと私の心を心地よく揺さぶった事でしょう。

と、いうわけで遂にリリースされ、プレイヤーとして楽しめる状態になった LOST EMBER をはじめることにしました。3年ほど前に出資してから、待ち望むだけのユーザー側の視点ではとても長い時間が経ちました。開発者にとっては短い期間だったかもしれません。

そうそう、本作は日本語にも対応しています。なんと音声も日本語に対応したようなので、とりあえず日本語音声/日本語テキストではじめてみる事にします。

f:id:USAGI-WRP:20191128134529p:plain

…ぅ…フォントが…いけてない予感…が…します…。もしかしたらすぐにEN/ENに切り替えちゃうかも。

f:id:USAGI-WRP:20191128135245p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191128135342p:plain

f:id:USAGI-WRP:20191128135446p:plain

意外とプレイ中は日本語フォントの感じも大丈夫かも。CGのレベルとしては期待していたよりも低い仕上がりになったなーって正直なところは感じるけれど、世界が楽しめるものなら嬉しいです。

f:id:USAGI-WRP:20191128135942p:plain

キーボードとマウスでこの世界を歩くのは少々疲れそうなのでゲームパッドを接続しました。操作は単純ですが、事前に確認しなくてもガイドが出るのでたぶん大丈夫そうです。「カメラ反転」と「カメラの感度」も設定できるのでTPSなら極座標後ろから見たカメラ位置移動による回転、FPSなら視線の向きを回転の感覚でしか3Dゲームを違和感なく操作できない私にも安心で…

…と思ったけどバグってます…。仕様が私にとってバグっているだけの可能性もありますが、カメラ反転を Yes に設定しても上下しか反転しません。これでは操作できない…。バグレポートして様子見…。